Yoshinobu Koizumi

Sales

小泉 介更

2001年入社

1985年大学卒業後某電気メーカーに入社、1996年黎明期のインターネットプロバイダに転職、その後紆余曲折を経てISAOに転職、というか会社のほうが勝手に変わっていったので正確には転籍。
ISAO入社後はインターネットプロバイダ事業を担当した後に課金決済事業、インフラビジネス、ゲーム業界向けカスタマーサポート事業、など諸々を経験。
その後、ついでにインド(バンガロール)で半年間、グループ会社の管理部門支援のために長期出張をする。
帰国後は、半年間のWeb開発事業を経て56歳にして営業職に加齢(華麗)なる転進。現在はイチ営業マンとして地道に活躍中。

小泉 介更1 小泉 介更2 小泉 介更3 小泉 介更4 小泉 介更メッセージ
小泉 介更1
小泉 介更2
小泉 介更3
小泉 介更4

ISAOで働くことについて

昨日(2018年6月14日)会社でセミナーがありました。
外部からお客様が20名ぐらい参加されました。
僕は写真撮影係を仰せつかったので、当日は大きなカメラを首からぶら下げてお客様をお迎えしました。

すると、僕のご招待したお客様が不思議そうな顔をして「小泉さんが、写真係ですか?」とおっしゃるのです。
僕は、しばらくそのお客様の質問の意図が解りませんでした。

小泉=カメラマン→不思議?

小泉(多分年齢からしてエライ人)=カメラマン→アリエナイ!
後から、ああそういうことか! と思いました。

ISAOは「バリフラット」なので、誰がエライとか誰も気にしません。
年配の人がカメラマンをやっていても問題ないのです。常に、第一線で働くことができるのです。
一般の会社で働いている方にとっては不思議なことかもしれませんが、僕は、とってもありがたいことだと感謝しています。

普通の会社に居たら、エラくなるにつれ現場から遠ざかり、(そうではない人もいますが、たいていの人は)どんどんスキルは落ち、知識は陳腐化して、あっという間に世間では通用しなくなります。
あるいはどうでも良さそうな仕事を与えられ、それを繰り返しているうちに、どんどんモチベーションが低下していきます。
きっと、心身ともに老化も進むのでしょうね。今考えると、ぞっとします。

ISAOでは、老若男女問わず、何かに挑戦すること、成長することが常に求められます。 専門的な仕事のこともそうですし、語学もそうです。一時も停滞を許してはくれません。

これほど健康的で前向きに仕事をする機会を与えてくれる会社はあまり聞いたことがありません。
自分がどう思おうと世の中は変わり続けています。それを自分自身の強い意志だけでキャッチアップするのは中々大変なこと。
人生の大部分を過ごす会社が、そういう会社であってくれることに感謝の日々です。

ISAOでやりたいこと

僕は今、ISAOで営業をやっています。
営業という職種は56歳(1959年生まれ)にして初めてのチャレンジでした。

正直、志願して始めた職種ではありません。
でも「できない」と断るのは自分のプライドが許しませんでした。

こういうとき、案外「プライド」は役に立ちます。
ぶっちゃけ家族も養わなければいけませんし、贅沢は言っていられません。 まあ、僕ぐらいの年齢になるとこんなお父さんばかりです、日本は。
なので、自分はそんなお父さんたちの星になってやろうと思ったのです(お星さまになるのはその後です)。

営業職へのチャレンジを後押ししてくれたものは、もうひとつあります。
それは、ISAOのMVS(ミッション・ビジョン・スピリッツ)をベースにした組織風土です。

ISAOスピリッツに「あたらしきに挑み拓く」とあります。
これに似たスローガンは多くの会社にありますね。
でも、大抵の場合「チャレンジが大事だ」とはいうものの失敗したら悲惨なことになります。なので、社員はうっかりチャレンジできません。
ISAOでは、この問題にいち早く取り組み、チャレンジして失敗してもチャレンジしなかった人より上位の評価をするということを徹底するようにしているのです。

営業になったばかりの頃、とりあえず、営業としてISAOにあるすべてのカテゴリのサービスを売ってみようという目標を立てました。
おかげさまで、今では、ほぼ達成しています。

今後は、ISAOや社会にまだ無いサービスを作り、それを売ることにチャレンジしたいと思っています。
できれば、今まで僕を育ててくれた会社と(お客様をはじめとした)社会に恩返しのできるようなサービスが良いなぁと思っています。

採用サイトを見ている人へのメッセージ

「百聞は一見に如かず」

ISAOに少しでも興味を持ったら、遊びに来てみてください。
ISAOに就職しなかったとしても、ISAOのような会社について知ることは、あなたにとって必ずやプラスの体験になると思います。

小泉 介更メッセージ
Let’s do it together!

RECRUIT

ISAOでは新卒・第二新卒・中途にかかわらず通年採用しております。
ガンガン成長しながら、世界を楽しくするサービスを生み出したいという方、ぜひご応募ください!

世界の仕事をたのしくする
英語切り替えバナー