Yuichiro Hara

Pre-Sales Engineer

原 裕一郎

2015年入社

ITと関係の無い事業会社に入社するも、その職場で新設されたIT部門に異動したところからエンジニアとしてのキャリアがスタート。基幹システムから事業用のサービスまで幅広いシステムに携わっていくなかで、エンジニアとしてのキャリアを伸ばしたいと考えIT業界に転職。
クラウドを得意とするデベロッパーを経て、2015年ISAOに入社。
現在はISAOを代表するプリセールスエンジニアとして数々のセミナーに登壇し、社内外で活躍中。
好きなContainer Orchestrator は Kubernetes & Rancher。

原 裕一郎1 原 裕一郎2 原 裕一郎4 原 メッセージ
原 裕一郎1
原 裕一郎2
原 裕一郎3
原 裕一郎4

自らに枠は設けない

光栄なことに、勉強会での登壇や記事を執筆させていただくという機会がしばしばある。

しかし、私の社会人として初めての仕事は、ITとは関係ない事業会社から始まっている。 一般職として就職したが、新設されたIT部門に異動することになったのだ。

そこからは、様々な経験をしてきた。

自社のデータセンターを建物から作るような仕事もあれば、クラウド上でPaaSを活用したアーキテクチャの設計にも携わったこともある。
社内情シスとして働いたこともあれば、ベンダー側のPMやSEとして案件を請け負う立場になったこともある。
はたまた、フリーランス時代には、商取引の基本や税金などの知識、見積の大切さなどを身をもって学んだ。
海外で働いたときには、日本人ではない同僚に囲まれて、人として視野や価値観を大きく広げることができた。

どの仕事も思い入れや苦労があり、どれか1つを選ぶとなると難しい。
だが、ただひとつ言えるのは、自ら枠を設けること無く何にでも挑戦してきたことが、今の自分に繋がっているということだ。

現在のISAOにおける自分の役割は、インフラ系のチームリーダと、プリセールスエンジニアの2つである。
社内外を問わずコミュニケーションの多いポジションだが、様々な立場で働いてきた経験が活きている。

技術面においても、変化の早いクラウドの技術をキャッチアップするにあたっても、分野やレイヤーを問わず積み重ねてきた知識が役立っていると感じている。

ISAOの魅力

ISAOで働いているなかで魅力を感じる点は、いくつかあるがエンジニアとしては以下の点が挙げられる。

1) インフラエンジニアが多く在籍していること
2) 伸び盛りのクラウドを主軸としていること
3) お客様にゲームやエンタメなど先端技術をいち早く取り入れる業界が多いこと

いち従業員としては、新しい働き方への取り組みが面白い。

たとえば、自社開発している社内SNS『Goalous』上で、自分の活動をアクションとして投稿し、他のメンバーに共有することで、サービスの新オプションのアイデアが生まれたり、他メンバーの先行事例が判明して効率的に仕事が進められたり、といったことがよくある。

また、お客様もISAOも経験したことのない技術であっても、積極的に取り入れるなど、チャレンジへの許容範囲も広い。

バリフラットを中心とした諸制度への挑戦が、かけ声倒れに終わること無く継続して行われているのはなかなか珍しいことだ。

採用サイトを見ている人へのメッセージ

クラウドに関して、インフラだけに留まらない幅広い案件に携わる機会があります。
IaaSだけでなくPaaSやSaaSを構成に取り入れたり、複数のクラウドを組み合わせたりと、ISAOには多彩な技術に触れるチャンスがあります。

実践で常に学び続けることができる環境ですよ。

原 メッセージ
Let’s do it together!

RECRUIT

ISAOでは新卒・第二新卒・中途にかかわらず通年採用しております。
ガンガン成長しながら、世界を楽しくするサービスを生み出したいという方、ぜひご応募ください!

世界の仕事をたのしくする
英語切り替えバナー