Jin Sugahara

Mr. Change or Die

菅原 仁

2015年入社

東京生まれ、アメリカ育ち、パリピな奴は大体トモダチ。
2006年ボイジー州立大学を休学し日本に帰国。大学中退を経て外資系貿易会社に就職。
バイリンガルのアドミンポストを経て外資系企業のマネージメントをこなし、26歳で輸出部の部長に就任。
「自分の人生は自分で決める。」と言う強い思いから退職を決意。
そのタイミングでたまたまパリピ仲間のISAOのドレッド人事に誘われたことで、2015年に入社。
入社後はISAOのクラウドインテグレーション・クラウドマネージドサービスの「くらまね」をメインとして営業活動を実施。重要パートナーやクラウドベンダーとのリレーションを担うリーダーとして活躍中。

菅原 仁写真1 菅原 仁写真2 菅原 仁写真3 菅原 仁写真4 菅原 仁メッセージ
菅原 仁写真1
菅原 仁写真2
菅原 仁写真3
菅原 仁写真4

東京生まれ、アメリカ育ち、パリピな奴は大体トモダチ

西東京で生まれて親が5歳のとき離婚。
小学校4年生まで吉祥寺に住み、親がアメリカ空軍の軍人と再婚。
半年間横田基地の小学校に通い、親の転勤で北米へ。
小学校5年生からテキサス州のサンアントニオに住み、住んでいたエリアでは日本人学校などもなく、普通のパブリックスクールに小学校から通い、高校卒業まで過ごす。

その後また親の転勤でど田舎のアイダホ州に住む。
日本とアメリカを転々としながら大学へ進学。
アイダホ州の首都ボイジーで、アメフトのホームターフが青くて有名なボイジー州立大学に通う。

2006年冬に一旦休学し、日本に帰国。短期間の休学のつもりが、色んな事情が重なり日本に残ることを決意、そして大学中退。その後外資系貿易会社に就職。
バイリンガルのアドミンポストという会社で一番下っ端のポストから3年で自分の価値を高め、外資系企業のマネージメントをこなし、26歳で輸出部の部長に就任。

……と見ての通りよく世の中で言う「エリートな帰国子女」とは全く異なる生い立ち・プロフィールです(笑)

同時にプライベートでは六本木を中心にパリピ活動実施。オーガナイザー・プロデューサーとして海外のDJやタレントとコラボしたり、日本でハロウィンが流行る前からハロウィンパーティーを企画。
本業とパーティープロデューサー、ベンチャー投資などをしている中、いつも考えていたのは、「自分の人生は自分で決める。」
その強い思いから本業退職を決意。

そのタイミングでたまたまパリピ仲間のISAOのドレッド人事に誘われたことで、2015年にISAO入社。
入社後はISAOのクラウドインテグレーション・クラウドマネージドサービスの「くらまね」をメインとして営業活動を実施。重要パートナーやクラウドベンダーとのリレーションを担うリーダーとして活躍中。

自分の目的や目標は自分のものだけではなく、仲間と実現することに価値がある

「ニッポン発!億人を熱くするサービスを実現。」ISAOのこのビジョンが大好きです。

僕が育った90年代・2000年代前半のアメリカでは日本のプロダクトがマーケットを支配していたのに、いつしか日本発のサービスやプロダクトは見る影を無くし、「このままでは日本は死ぬ。」そんな日本を変えたい!世界を変えたい!という思いを抱えながらも何もできない自分を打破したく、IT業界に入るために前職を退職しました。

その後、自分と似た自由な価値観を持つパリピ仲間からの誘われたことと、代表の中村に「お前はオレと仕事した方が良い。」と言われたことで入社を決意。

入社した結果、尊敬と敬愛する仲間もでき、ISAOスピリッツである「家族的キズナ」を体現するようになり、「自分の目的や目標は自分のものだけではなく、仲間と実現することに価値がある」という意識が、いつしか芽生えるようになりました。

Change or DIE

ISAOに入社して日々思うようになったのは、「仕事は苦でない」ということです。

今までの社会人人生は何をしてきたんだろう?と思うくらい今では素晴らしい仲間とやりがいのある仕事に恵まれてます。
今の世の中は「不」や「苦」や「無駄」が多く、そこを変えるのは働き方改革やダイバーシティー、ワークライフバランス、デジタルトランスフォメーションやリフト&シフトを推進することだと確信しています。
僕達の暮らしを豊かにするはずのテクノロジーの推進が中々進まない世の中に、第一歩を踏み出すきっかけを作るのが僕のミッションだと勝手に思いながら日々仕事をしています。(笑)

だから僕は、ずっとこの言葉を言い続ける。
「Change or DIE!!!」

採用サイトを見ている人へのメッセージ

もう一度、日本の高度成長期を実現するためにも新しい仲間が欲しい。
やる気があって、今に満足していない仲間が欲しい。
仕事の後、今後の世の中を良くすることに飲みながら熱く一緒に語れる仲間が欲しい。
僕達の子供の世代に明るい未来を作っていく仲間が欲しい。

そんな新たな戦友、大歓迎です。

自由な社風で知られている会社ですが、実は自由とは規制や規則よりも厳しいものです。
それを自覚して自ら行動できるプロフェッショナルをお待ちしております!

一緒に世界を変えましょう!

菅原 仁メッセージ
Let’s do it together!

RECRUIT

ISAOでは新卒・第二新卒・中途にかかわらず通年採用しております。
ガンガン成長しながら、世界を楽しくするサービスを生み出したいという方、ぜひご応募ください!

世界の仕事をたのしくする
英語切り替えバナー